Astrid Klein

Astrid Klein was born in Italy to German parents, schooled in France, educated in Britain, and since 1988 has lived and worked in Japan. She is, therefore, thoroughly international, right down to her bones. Traversing disciplinary and cultural boundaries has been a way of life for Astrid. An artistic family background has ballasted her sense of identity, while the compass of design has guided her professional career.

A Masters degree from the Royal College of Art in London exposed her to the diversity of creative endeavor and developed her talent. A thirst for the exotic led her to Japan, a hunger for the new kept her there. After working for Toyo Ito in Tokyo, she and her partner Mark Dytham established KDa in 1991.

The work of KDa has been the subject of numerous publications and an exhibition of their work was held at the Architecture Association in London in 2005. Astrid is a frequent guest at international conferences on design and architecture and has lectured or held teaching positions at universities in Japan, the UK, the USA, Australia and throughout Europe.

アストリッド クラインは、ドイツ系の両親のもと、イタリアのバレーゼに生まれる。フランス、イギリスで学んだ後、1988年から日本でデザイン活動を始める。真にインターナショナルな経歴をもつ彼女は、ジャンルや文化の境界線をクロスし続けている。

アーティスト家系だった環境が彼女のアイデンティティを確立し、ロンドンのRCA(ロイヤル · カレッジ · オブ · アート) で受けた様々な刺激によって、その才能は開花された。エキゾチックなイメージをもつ日本へと引き寄せられた彼女は、伊東豊雄建築設計事務所で働いた後、1991年に、マーク ダイサムと共にKDaを設立する。以来、新しさへの探究心が彼女を日本に留まらせることとなった。KDaの作品やその活動は、多くのメディアからの注目を集め、現在では日本をはじめ、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ各都市の大学での講義や数多くのデザイン、建築関連の国際会議などにも度々招かれている。

多様な文化をバックグラウンドとして持つ彼女は、物事に対して常に新鮮な視点で、大胆さと細やかさを併せ持つKDaのデザインの魅力を生み出し続けている。

Sign up for our bimonthly email newsletter | 隔月配信のニュースレターを購読