Mark Dytham

A child of the 1960s but ever a man of the contemporary moment, Mark Dytham was born on the outskirts of Milton Keynes, a postwar British ‘new town’. A fascination with the potential of building “the new” was instilled in him from an early age, and he pursued an education in architecture to the level of a Masters at the Royal College of Art (where he met Astrid).

In the late 1980s, Japan was the country furthest in the future. Mark was determined to see what it looked like. The urban energy and willingness to experiment that he and Astrid found in Tokyo convinced them to base their practice there, despite hard economic times. Mark’s entrepreneurial energy kept things afloat during the early years, and his services to British design in Japan was honored by the Queen with the MBE (Member of the British Empire) medal in 2000. Mark is a sought-after speaker, and has participated in numerous design- related events around the world. He has also taught at a number of universities within and beyond Japan.

かつてイギリスで『ニュータウン』と呼ばれたミルトンキーンズに生まれ、少年の心と母国への誇りを忘れない、マーク ダイサム。幼少の時から新しいものや、それが生み出されるプロセスに魅せられた彼は、大学で建築を学んだ後、RCA( ロイヤル · カレッジ · オブ · アート)でより広い視野でのデザインを学ぶこととなった。

彼にとって日本という国は、最も未来に近い国だった。自身の目でそれを確かめる決意し、来日した1988年当時の日本はバブルが崩壊し経済的に厳しい時期であったが、新しいものへの探究心を失わない東京という都市のエネルギーが、彼の心を捉えることとなった。伊東豊雄建築設計事務所を経て1991年、アストリッド クラインと共にKDaを設立。建築をはじめとし数々の作品を手がける。2000年には、これまでの日本におけるブリティッシュデザインへの貢献が認められ、名誉大英勲章 MBE(Member of the British Empire medal)の称号を英国女王より授かる。

現在は数多くの大学での講演、建築・デザインの国際会議への出席など世界各都市を飛び回る。彼の建築・都市に対する真摯で強いまなざしと溢れる数々のアイディアがKDaを支える大きな柱となっている。

Sign up for our bimonthly email newsletter | 隔月配信のニュースレターを購読