Who

Klein Dytham architecture (KDa) is a multi-disciplinary design practice active in the design of architecture, interiors, and public spaces and installations. Established by Royal College of Art graduates Mark Dytham and Astrid Klein in Tokyo at the dawn of the 90s, KDa is today a multi-lingual office with an increasingly visible international profile and client list.

KDa’s base in Tokyo provides constant inspiration and creative energy. The Japanese thirst for the new, sensitivity to material and detail in crafting, and an ever-changing urban environment nourish KDa’s ideas and production.

KDa spans East and West, offering the freshness of vision that only an outside perspective can bring.

クライン ダイサム アーキテクツは建築、インテリア、インスタレーションといった複数の分野のデザインを手掛けるマルチリンガルオフィスである。RCAを修了したアストリッド・クラインとマーク・ダイサムにより1991年に東京に設立。現在では国際的評価も高く、注目を集めるクライアントと様々なプロジェクトを進めている。

インスピレーションとクリエイティヴなエネルギーに溢れる街、東京を拠点とするKDaの斬新なアイデアと作品は、日本特有の新しいものに対する渇望やものづくりにおける素材とディティールに対する高い感性、そして絶えず変化する都市の生活環境に影響を受けながら形成されている。

東洋と西洋のそれぞれ優れたところを取り入れることにより、KDaは新鮮な視点で独特のプロジェクトを創造し続けている。

Sign up for our bimonthly email newsletter | 隔月配信のニュースレターを購読