Billboard Building

Tokyo is filled with tiny buildings on awkward sites – what fellow Tokyo-based architect Yoshiharu Tsukamoto has termed “pet architecture”. They are wedged onto tiny slivers of land left over from the slicing and dicing of land by urban planning and property development processes. This building is our very own example of pet architecture.

東京は、同じく東京の建築家塚本由晴が”ペットアーキテクチャー”と呼ぶような、厄介な敷地に建てられた恐ろしく小さな建物で隙間が埋められている。それらの建物は都市計画と開発の過程で切り刻まれた後にほんのわずかに残った敷地に押し込められているのだ。この建物はKDaによる”ペットアーキテクチャー”の実例である。

Sign up for our bimonthly email newsletter | 隔月配信のニュースレターを購読